100系ハイエースの故障「ヘッドライトの曇り水滴」

トヨタ・100系ハイエースの内外装・エクステリア装備の故障解説。

 


ハイエースワールドの展示場の車はもとより、入庫してきた100系ハイエースの大半がこの病気にかかっている。
特に平成8年9月〜平成11年8月までの中期は全て、ヘッドライト及びウインカーレンズに水滴曇りが生じ、ひどい物になると完全に水が溜まっている物もある。 


 

新型200系ハイエース・プロショップ ハイエースワールド417.png


原因はライトレンズと内側のプラスティック部の何処かからの水の浸入だろう。トヨタディーラーにて新品交換しても、同じ現象が起きてしまう。(メーカーにてのクレームはききません)

 

新型200系ハイエース・プロショップ ハイエースワールド418.png


治療対策としては、軽度の物は夜間ライト点灯走行にて消えるが、ひどいものは、一度外してヘヤドライヤー等でしっかりと乾燥させた後、ライトカバーとプラスティック部の繋ぎ目にクリアーコーティング剤を入れて対応する必要がある。

 

新型200系ハイエース・プロショップ ハイエースワールド419.png

 

後期型もごくマレに起きるようだが、同方法による対応か、保証期間内は、ディーラーでの新品交換となる。

ハイエースワールドでは納車時全車に治療対策を施しての納車にしているので安心だ。

 


 
■100系ハイエースの故障

→内外装・エクステリア装備の故障

→ショック足回りの故障

→ブレーキの故障

→エンジンの故障

→ミッションの故障

→電気系統の故障

→燃料系の故障

→後期LTD(平成08年09月〜11年08月)の故障

 

 

ハイエース新車販売.png

→200系ハイエース新車販売

ハイエース中古車販売.png

→中古車在庫情報

 

 

▲100系ハイエースの故障についてTOPへ戻る

▲TOPへ戻る

100系ハイエースの故障「半ドア、サイドスライドドア部の接触不良」

トヨタ・100系ハイエースの内外装・エクステリア装備の故障解説。

 


100系ハイエースの運転席・助手席を開けると、ゴムカバーで覆われている3cm程度のスイッチがあるのだが、これは半ドアを警告するスイッチで、この部分の劣化とドアのあたり具合が悪いと、ルームランプが点灯/消灯を繰り返すようになる。

特に夜間走行、パイロットの運転集中能力をも妨げる重大な問題になりかねない。 
 

新型200系ハイエース・プロショップ ハイエースワールド420.png


治療に至っては簡単で、メカニックやバン鈑金屋の手に掛かり、ドアのあたり具合を調節すれば治る場合と、スイッチを交換する場合がある。

 

新型200系ハイエース・プロショップ ハイエースワールド421.png


事前の予防対策としては、ドアのガラスの縁部を手の平で押してみて、ルームランプが点灯しないか、耳元で風きり音がしないか等でチェックができる。半ドアスイッチに薄いワッシャーを入れるのも効果的だ!!

 

新型200系ハイエース・プロショップ ハイエースワールド422.png

 

サイドスライドドアの接触不良は、ルームランプの点灯や風切り等だけではすまずに、イージークロージャー(自動閉機能)の不良に繋がる病気です。

原因は大半がイージークロージャー部のマグネットスイッチ(4本のピンがある)に、何かしらの物をぶつけてしまい、怪我をさせた場合によりものである。

治療対策としては、曲がったピンを調節して直る場合が大半だが、その物を交換するには、少し痛手の出費となるため、後部座席への乗り降りには注意しよう。

 


 
■100系ハイエースの故障

→内外装・エクステリア装備の故障

→ショック足回りの故障

→ブレーキの故障

→エンジンの故障

→ミッションの故障

→電気系統の故障

→燃料系の故障

→後期LTD(平成08年09月〜11年08月)の故障

 

 

ハイエース新車販売.png

→200系ハイエース新車販売

ハイエース中古車販売.png

→中古車在庫情報

 

 

▲100系ハイエースの故障についてTOPへ戻る

▲TOPへ戻る

100系ハイエースの故障「ウィンドウの動きの悪さと気になる風きり音」

トヨタ・100系ハイエースの内外装・エクステリア装備の故障解説。

 


100系ハイエースは、ウィンドウの動きの悪さと気になる風きり音も、その設計の古さが物語るトラブルポイント。

これは、ウィンドーレギュレーターと呼ばれる「パンタグラフ」のような、ウィンドウガラスを上下させる骨組みのガタにより、上下動ができなくなるトラブル病。

この病気は幸いにして急に起る病気ではなく、事前にウィンドウを上げる際に動きが必ず悪くなる症状が出るため、トラブル予防が可能でなる。

また、ガラスを両手で挟んで左右に動かすとガタつきが出るようになる。

このような時に、走行時に耳元で気になる風きり音が出る。

これも事前信号である。

 

新型200系ハイエース・プロショップ ハイエースワールド425.png


治療対策法は、ウィンドウレギュレーターのネジの締め付けで直る場合と、そのものの交換が必要な場合がある、ウィンドウレギュレーターの故障トラブルは滅多にない。

 

新型200系ハイエース・プロショップ ハイエースワールド426.png


日々の手入れとしては洗車時に写真のように、ドアのガラスが通る溝の部分にグリスUPしておくと、動きが俄然良くなり、レギュレーターへの負担が軽減される。

 

新型200系ハイエース・プロショップ ハイエースワールド427.png


   


 


■100系ハイエースの故障

→内外装・エクステリア装備の故障

→ショック足回りの故障

→ブレーキの故障

→エンジンの故障

→ミッションの故障

→電気系統の故障

→燃料系の故障

→後期LTD(平成08年09月〜11年08月)の故障

 

 

ハイエース新車販売.png

→200系ハイエース新車販売

ハイエース中古車販売.png

→中古車在庫情報

 

 

▲100系ハイエースの故障についてTOPへ戻る

▲TOPへ戻る

100系ハイエースの故障「サンルーフの固着による開閉不能」

トヨタ・100系ハイエースの内外装・エクステリア装備の故障解説。

 


100系ハイエースの装備の中で最も魅力のあるアイテム、それが大型サンルーフを3箇所もルーフに武装させたトリプルムーンルーフだ。

そのムーンルーフのセカンド・サードムーンルーフを作動させようとすると、「カチッカチッ」というスイッチの音のみが聞こえ動かなくなってしまう症状。

この原因は、年数が経過し、ムーンルーフガラスの周りについているゴムが劣化した状態で、雨が降ったり洗車した後、水分がボディーとガラスの間に残った状態で、ルーフが灼熱地獄になると、サンルーフガラスの回りのゴムとルーフの鉄板が固着してしまうからである。

 

 

新型200系ハイエース・プロショップ ハイエースワールド423.png


一度固着してしまうと、モーターの力で自力復旧は不可能となる。

ちなみに総合病院→ディーラーに持ち込むと、モーターからサンルーフレールまでそっくり交換されて高額な治療費を請求される場合がある。

ちなみに新車から3年経過後ぐらいから、ゴムの劣化が起きるので、保険(保証)も効かない。

 

 

新型200系ハイエース・プロショップ ハイエースワールド424.png


でも治療法は至って簡単。

写真のボルトを中間部まで緩め、下から手の平で突き上げるように押し叩くと、ルーフからガラスが剥がれ、元通りに開閉が可能となる。(サードムーンルーフも同じ要領) 
 
日々のケアとして、雨降り、洗車の後は差動チェックを行おう。

そしてファーストサンルーフは内側部を開けて走行すると、「ヒュー」という風きり音が必ずと言っていいほど聞こえてくる。(あまり内側部を開けて走行する人は少ないので気づかない人も多いが・・)

この症状が出た場合。留め金フック部の調整で直るのだが、以外に治療時間がかかる厄介な病気だ。
 


■100系ハイエースの故障

→内外装・エクステリア装備の故障

→ショック足回りの故障

→ブレーキの故障

→エンジンの故障

→ミッションの故障

→電気系統の故障

→燃料系の故障

→後期LTD(平成08年09月〜11年08月)の故障

 

 

ハイエース新車販売.png

→200系ハイエース新車販売

ハイエース中古車販売.png

→中古車在庫情報

 

 

▲100系ハイエースの故障についてTOPへ戻る

▲TOPへ戻る

トヨタ 100系 レジアスエースバンDX(TRH102V) 6人乗り 東京都江戸川区 A業者様 ウィンカー修理・交換 入庫事例(2014.04.10)

トヨタ 100系 レジアスエースバンDX(TRH102V) 6人乗り 

東京都江戸川区 A業者様 ウィンカー修理・交換 入庫事例(2014.04.10)

 

ハイエースバン ウィンカー修理 (1).jpg ハイエースバン ウィンカー修理 (2).jpg

東京都江戸川区 A業者様より ウィンカー修理・交換のご依頼を頂きました!!

次回は是非、定期点検・車検等でのご入庫を心よりお待ちしております。

※写真は、クリックすると拡大表示します。

→200系ハイエース・カスタムギャラリー

→100系ハイエース・カスタムギャラリー

→マイクロバス(その他)・カスタムギャラリー

 

ハイエース新車販売.png

→200系ハイエース新車販売

ハイエース中古車販売.png

→中古車在庫情報


 

■サイトマップ

→200系ハイエース『5ナンバー・3ナンバー新車販売』

→常時60台の在庫『中古車在庫情報』

→過去の販売車両

→200系ハイエースカスタム・Blog

→自分だけのカスタム・ハイエース『構造変更への道』

→関連サービス案内

→買取無料査定

→納車までの流れ

→ハイエースカスタム・ギャラリー

 

◆200系ハイエース新車 5ナンバーワゴン

SUPER GL(標準ボディ5ドア)の新車 | DX(ロング・標準ボディ・標準ルーフ)の新車

◆200系ハイエース新車 3ナンバーワゴン

SUPER GL(ロング・ワイドボディ)の新車 | DX(ロング・標準ボディ・ハイルーフ)の新車 | DX(スーパーロング・ワイドボディ・ハイルーフ)の新車 | コミューターの新車 | グランドキャビンの新車 | ワゴンGL/DXの新車

◆中古車在庫情報

ハイエースグランドキャビン10人乗りの中古車 | ハイエースコミューター15人乗りの中古車 | ハイエース(ガソリン車)の中古車 | ハイエース(ディーゼル車)の中古車 | マイクロバスの中古車 | キャラバンその他の中古車

◆200系ハイエースのアーカイブ

カスタムギャラリー | ワゴン・足回りのカスタム | シート・ベッドのカスタム | 床張り荷室加工 | ロケバスへのカスタム | 幼稚園バスへのカスタム | 福祉車両へのカスタム | エンジンの故障 | 足回りの故障 | その他の故障

◆100系ハイエースのアーカイブ

カスタムギャラリー | 車両本体解説 | グレード別解説 | オプションパーツ解説 | 内外装・エクステリア装備の故障 | ショック足回りの故障 | エンジンの故障 | ミッションの故障 | 電気系統の故障 | 燃料系の故障 | 後期LTD(平成08年09月〜11年08月)の故障

◆全国のハイエース販売ディーラー

北海道・東北地区のトヨタ店 | 関東地区のトヨタ店 | 中部・東海地区のトヨタ店 | 関西地区のトヨタ店 | 中国・四国地区のトヨタ店 | 九州地区のトヨタ店 

 

 

▲TOPへ戻る