100系ハイエースの故障「ミッションマウントの亀裂・トラブル」

トヨタ・100系ハイエースのミッションの故障解説。

 


100系ハイエースの1KZエンジンは、ディーゼル車にしては振動が少なく静かなエンジンとして好評だが、やはり振動が少なからずあるためか、あるいは当たり前の走行距離を走破したせいか、ボディとミッショ ンを固定しているミッションマウント(ゴムと鉄のかたまり)のゴム部分が劣化して切れてしまい、エンジンの始動・停止時にガタンガタンと大きな振動と音がする症状を起こすようになる。

 

新型200系ハイエース・プロショップ ハイエースワールド440.png

 

これは、長く付き合えば必ず起きる消耗疾患として、各パイロットは覚悟していてほしい。
この治療の際に、同時にチェックしたいのが、エンジンとボディを支え固定しているエンジンマウントもチェックすることをオススメする。

 

新型200系ハイエース・プロショップ ハイエースワールド441.png

 

事前の症状としては、ATシフトをDレンジに入れた際のアイドリン振動が多くなったりした時が目安である。このエンジンマウント交換は、ミッションマウントに比べ、交換・時間・工賃か多くかかるので、治療代を確認してから、時間を取って治してもらってほしい。

 

新型200系ハイエース・プロショップ ハイエースワールド442.png

 

 

 


■100系ハイエースの故障

→内外装・エクステリア装備の故障

→ショック足回りの故障

→ブレーキの故障

→エンジンの故障

→ミッションの故障

→電気系統の故障

→燃料系の故障

→後期LTD(平成08年09月〜11年08月)の故障

 

 

ハイエース新車販売.png

→200系ハイエース新車販売

ハイエース中古車販売.png

→中古車在庫情報

 

 

▲100系ハイエースの故障についてTOPへ戻る

▲TOPへ戻る